人気ブログランキング | 話題のタグを見る

長野の山荘(2)

今日は僕の好きな「コケ」を載せます。
天然のカラマツ林のなか、人が手を加えないのがいい。

長野の山荘(2)_a0048963_20051631.jpg
長野の山荘(2)_a0048963_20052728.jpg
風情がありますねえ、
長野の山荘(2)_a0048963_20060865.jpg
これが水源。 山からの湧きだした天然水だ。
こういう所が何か所もある。

長野の山荘(2)_a0048963_20080907.jpg
う~ん、たまらない、。がぶ飲みいたくなる。
でも、このままでは飲めない。

長野の山荘(2)_a0048963_20100313.jpg
茅野のビーナスラインを下って来てだいぶ低くなったが
こちらに見えるのは山梨県の「八ヶ岳連峰」です。あいにく山頂が
見えませんでしたが、これだけの平野が広がっているとうことは
かなり大きな火山噴火だったとおもわれます。




# by saburougama | 2022-08-09 20:14 | その他 | Trackback | Comments(0)

長野の山荘。

長野県 茅野市にある友人の山荘に行ってきた。
茅野市街から山にのぼってゆく。別荘地ではないので
ゆったりしたカラマツ林のなかに在った。
長野の山荘。_a0048963_19251536.jpg
高原なので下草を刈らなくても大丈夫だとか、。
今回行ったのは、ピザ窯を作りたいというので どんなところか観に行った。
数千坪あるというから、圧倒される。

長野の山荘。_a0048963_19295173.jpg
長野の山荘。_a0048963_19295912.jpg
直ぐ近くには 山からの湧き水が何本も流れていて これぞ高原の小川。
ただ動物のふんなどあるから生水は飲めない。

長野の山荘。_a0048963_19331257.jpg
茅野市の水源になっていて開発の手が入らないから
自然のまんまです。 こういう所なら一日ボーっと何もしないで
いられそうだ、、。




# by saburougama | 2022-08-08 19:36 | その他 | Trackback | Comments(0)

ルームランプ(小)

今回の「ルームランプ」はベースの形が変わっていたので
予想だにしないフォルムになり結果オーライ!だった。

粘土の可塑性が手伝ってくれたんだなあ。11基がようやく
完成したけど しばらくこのカタチはやりたくない。
お腹一杯っていう感じです(笑)
ルームランプ(小)_a0048963_19100262.jpg
蚊取り線香を入れてきました。今年はもう間に合わないから
またいつの日か陽の目をみればいいや。

ルームランプ(小)_a0048963_19095875.jpg
煙が家の中からでているので「火事を連想する」人もいますが、
見方や捉え方で「山に立ち昇る霧、もや、」、と考えてほしい、、。

(物は言いよう?ですかね、こじつけとも言えるか?、ははは)





# by saburougama | 2022-08-07 19:19 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

教室作品の仕上げ作業。

先日の陶芸教室作品の仕上げです。

それぞれ作者の名前と作品、ひとつ、ひとつ合わせながら進めます。
今の子供の名前ってさ 当て字とか訳の分からんものが多い(失礼、。

本人の作ったものを紙に書いてもらいますが、絵はどうでもいいんですが
作品に書いた名前とカードに記した名前がちがっていてホントに困る!

教室作品の仕上げ作業。_a0048963_20154435.jpg
例えば「柚希、ゆずき」ちゃんですが、
カードには「柚」と書いて、ふり仮名で「ゆずき」とかいてある。他にも
ひらがなで「ゆず」とか「ゆ」と書いている子もいてまいりましたよ、とほほ。


教室作品の仕上げ作業。_a0048963_20154130.jpg
説明をちゃんと聞かない、親御さんがいるのに理解していない。
まあこれも私の不徳のいたすところですが、、。


教室作品の仕上げ作業。_a0048963_20153738.jpg
さて終わりました。これらの作品をじっくり乾燥します。
ひび割れなどは乾燥中にわかるので そうならぬように
ゆっくり乾燥します、。






# by saburougama | 2022-08-06 20:34 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

長い眠りから覚めました、、。

昨日 今日と雨になり涼しい、。
しかし各地で水による土砂災害がでている。雨が怖い時代になった。
日本中 安全な処はありません。災害に備えましょう。

ところで制作してあった「ルームランプ」が箱から目覚めました。
長い眠りから覚めました、、。_a0048963_19203813.jpg
永いこと休んでいたけど ようやく外に出ましたね(笑)

一か月ぐらい寝かしていたので 懐かしい気分になりました。
流石に発泡スチロール箱です、まだ水分があり修正も
する気になれば出来るほど水分が程よくなっています。

次はガラリと変わり「雉、きじ」の写真。
長い眠りから覚めました、、。_a0048963_19203337.jpg
まさか春に生まれた鳥じゃないよなあ、、。
敵にやられない様にしてねー!



# by saburougama | 2022-08-05 19:36 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)