双口花入れの制作

益子陶器市で無くなってしまったので また一輪挿しの制作です。

ボンヤリしているとすぐに足りなくなります。

a0048963_18390910.jpg
a0048963_18392241.jpg



タタラを合わせてつくります。
手が勝手につくります。もうすでにオレ自身の考えの及ばない世界、、(笑

感覚だけです。
長年やっていると こういう事だったのかって後から感じますねぇ(笑
いやいや、まだまだ修業中の身ですから、、。

a0048963_18462329.jpg


今回は 100本取りあえずつくりました。










[PR]
# by saburougama | 2018-11-13 18:49 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

秋晴れ

最近ようやく秋晴れ、と言える日があります。

青空が最高に気持ち良い季節になりました。

a0048963_19494756.jpg
朝夕はさむいけど、日中は汗をかきました。



[PR]
# by saburougama | 2018-11-10 19:52 | 日常 | Trackback | Comments(0)

棚板のペンキ塗り作業

陶器市が終わってホッとしています。

のんびり大道具のペンキ塗りからやりました。

a0048963_19061195.jpg


黒はシブいけど、ウチの焼物はだいたいが茶色なので

映える色といえば、「青色」でしょー!?

この裏側は青にしようかなー。


a0048963_19082727.jpg


a0048963_19085869.jpg
「世田谷ボロ市」に向けて準備を少しづつやっています。

包丁や他の刃物を荒磨きしました。

こういうのって、男子が好きなんですよねー(笑




[PR]
# by saburougama | 2018-11-09 19:11 | 日常 | Trackback | Comments(0)

平成30年秋 益子陶器市(2)

a0048963_18581738.jpg


有り難いことにもの凄いお客さんです。残念ながらウチの客ではありません。

秋は食器が強いですね。分かっちゃいるけど自分のやり方を
なかなか変えることができませんねぇ、、。

a0048963_19592585.jpg


四日間のイベントでしたが、僕の出店しているところだけ
一日伸ばして五日間でしたが、客はまったくというほど来ません。

おまけに最終日は土砂降りに見舞われて最悪でしたー!
その中での撤収作業はまいりました、、とほほ。
良かったのは その日に家に帰れたことだけです。普段ならば次の日に
テントの撤収、掃除をやって終了なんですが。

a0048963_20053495.jpg


益子最後の写真は「お目めなおし」にネコちゃんの写真です。

栃木と言えば益子は当たり前ですが、やっぱり「日光」でしょー。
そんな訳で「眠り猫」を載せてみました(笑)

さてまた頑張りますかー。古城、時計台、宇宙人、などまずまずでした。
例年並みの結果でした、また作ろう。たくさんのお客様
有難うございました。







[PR]
# by saburougama | 2018-11-08 20:11 | 販売 | Trackback | Comments(0)

平成30年秋 益子陶器市(1)

益子から戻りました。平成最後の陶器市でした。

またお馴染みのタヌキちゃんの写真から載せました。

a0048963_18435240.jpg


僕のお店のウラなんです。お客さんがたくさん観えています。
今回の陶器市はどうなるんでしょうか、また新たな出会いがありますように。

a0048963_18502290.jpg


まだ朝のうちにと思い散歩しています。
期間中は ここのテントの人たちは このまま何もせずに帰ります。

持って行かれても かまわないのでしょうね、、。まあそれが陶器市なのかも
知れませんが商品ですから もう少し考えたほうが良いのではー??その程度のモノ
なんでしょう。他人事ながら気になりますねぇ。

a0048963_18554015.jpg


ここの坂を登って行くと、、

a0048963_18561139.jpg


むかし出店していた場所があります。
その頃のメンバーは 3軒いました。6軒のグループになっています。
益子は人気があるので 新規では なかなか出店できません。






[PR]
# by saburougama | 2018-11-07 19:07 | 販売 | Trackback | Comments(0)

秋の益子陶器市

早いもので もう半年が過ぎました。11月1日から8日まで
益子陶器市に出店します。僕のお店は共販センターの
大タヌキの近くのテントです。ヒゲ顔のおじさんがいたら僕です(笑

a0048963_17370990.jpg


今回の荷造りはスカスカです。なんかさ、秋はあまり売れないので
どうにも気合が入らないんですよね。イカンイカンそんな事じゃー!
陶器市の期間は、11月2日から7日までです。

頑張って販売してきます(笑




[PR]
# by saburougama | 2018-10-31 17:40 | 販売 | Trackback | Comments(0)

工作仕上げ

昨日の作品の仕上げです。

なぜかドンブリが多かったですね。

a0048963_19130702.jpg



[PR]
# by saburougama | 2018-10-30 19:13 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

甲府教室

今日は甲府の教室でした。
さわかな秋晴れです。一時間50分の道のりですが国道20号線を
ひた走ります。遅い車がいる時には最悪ですが、、、(笑


a0048963_19130389.jpg


メンバーだった女性が亡くなったと話をきいてショックでした、、。
もう一年ぐらい前に教室をやめた方ですがさみしいです。つい最近まで
元気で会っていたそうですが、急なおわかれです、、。
こういう写真も貴重になりますね。ご冥福をお祈り申し上げます。
有難うございました。


帰宅してから もう一件の教室有り。
久しぶりだと言ってドカ~ん!と作っていました。

a0048963_19234139.jpg


a0048963_19240870.jpg
逆さまにして底を乾燥します。
これもテクニックの内です、(笑





[PR]
# by saburougama | 2018-10-29 19:27 | 教室 | Trackback | Comments(2)

駒木野庭園(3)

駒木野庭園。今日は錦鯉(にしきこい)の話です。

フランスからの御一行様はこの「錦鯉」を見学に観えるそうです。
その時に お抹茶を出しておもてなし、お土産に茶碗を差し上げるという話とか。

a0048963_19292993.jpg


今日は池に鯉をかえしました。大きなものは、80から90センチ位、そうとう重いでしょう。

跳ね回るし これは見ものでしたよ! この仮設の池がなんと30万円ぐらいするそうです。
そこはピンキリみたいですね(笑)

a0048963_19363588.jpg


ナイロンの細かな網で丁寧にやさしく帰しておりました、、。

a0048963_19392025.jpg


お客様もみえて、養魚店の職人さんから いろいろな話を伺えました。

ほんとにお魚を愛しておられるんだなーと感心しました。
なるほど、考えてみれば当たり前なことですが、楽しく明るく お話しする職人さんを
みていてこっちも気分よく楽しかったです。

お疲れ様でした。有難うございました。








[PR]
# by saburougama | 2018-10-28 19:47 | その他 | Trackback | Comments(0)

駒木野庭園(2)

八王子市の高尾(たかお)駒木野(こまきの)庭園。

「高尾」と言っても西浅川町です。高尾山が有名ですが 僕らも高尾の総称で
話しています。ラジオで交通情報を聞いていると、「小仏トンネル」を先頭に
渋滞がOOキロ続いていますって 週末のラジオでは必ず流れます。

「渋滞のメッカ」なんです。上野原とは接していませんが、高尾は近いですねぇ。
さて今日は、池の話です。


a0048963_19210941.jpg
 
テレビ番組で「池の水をくみ出す大作戦」みたいなのやるでしょう、、。

ここは残念ながら一年に一回 清掃作業しているようで そのような「怪物」は
出てこないそうです、、(笑)見ていたらほんとに大変な作業です。池の底のヘドロや
汚れをきれいに水で洗っていました。かなり大きな「心字池(しんじいけ)」ですから。

「心字池」と言うのは庭園で池を作る時に基本??かと聞きましたがわかりません。
「心」という字の草書体だと聞きましたが、どうみても「心」には観えませんねぇ、、、。
あ、そうそう、池の中央に「亀島」もあります。本格的な池になっています。

a0048963_19300653.jpg
京都の庭園のように近くの山が「借景(しゃっけい)」に映ります。

もうすぐ紅葉の季節。楽しみですね。
僕ら職人が思いつくのは清掃作業には 「高圧洗浄機」を使えば良いのになぁ、と考えますが
そこはこだわりがあるようでして、水道の「常圧」で丁寧に洗っていました。

a0048963_19352149.jpg

むろん池はコンクリートで水漏れしないよう造ってありますが、大きな石の間には
砂利が敷き詰めてありまして、小さな生物が生息できるように考えられています。

これを造った業者さんには脱帽します! 
普段池の底を観る機会なんてありませんもの。





[PR]
# by saburougama | 2018-10-27 19:41 | その他 | Trackback | Comments(0)