削り道具

   削り(けずり)道具を描いてみました。
 ウチは「ひも造り」をする時には これらの道具を使います。
 電気ロクロとちがい、肉厚なつくりになりますので内側を薄くけずります。
 外側は 「手を残す」ので、あまり いじりません。


  手ひねり、とも云います。 急須などの制作は気を使います。
 いっさい削らないので、土の固さを慎重に練り 作ります。指の跡が
 残りますが、その うろこ模様を「行平(ゆきひら)」と呼んでいます。
 片手なべで「ユキヒラ」っていうのがあるでしょう。


 
  信楽(しがらき)時代に 体験教室がありまして、多い時には 一日に
 600人以上ものお客さんが作ります。その作品の高台(こうだい)を削って
 仕上げるのですが、他の職人たちはザックリやっていましたが、僕はこれらの
 道具で丁寧に仕上げていました。これって、窯元にとっては 良くない職人ですよね?
  おかげさまで腕を磨くことが出来ました。
a0048963_2305631.jpg

[PR]
# by saburougama | 2013-06-18 23:00 | 絵日記 | Trackback | Comments(0)

蚊取り線香のカット。

  上野原クラフトでは、お客様、出展者様、ありがとうございました。
 今回から「牛倉神社」での開催が出来るようです。宮司さん、お世話に
 なり、有難う御座いました。

  
  さて、今日からまた制作のスタートです。 蚊取り線香の器を作っています。
 普通、、、というのは つまらない。ウチらしい「キラッと!」光るアイデアがあります。
 自分で言うなよって? でもそれがセールスポイント。 少しは語って良いんじゃないで
 しょうか。 制作過程を チョッとお見せしましょう!
a0048963_2234067.jpg

[PR]
# by saburougama | 2013-06-17 22:33 | 絵日記 | Trackback | Comments(0)

上野原クラフトフェア初日。

 今回から、市内の「牛倉神社」の境内で お世話になります。初日は
 パラパラですが、途切れることなく、お客さんが観えました。小規模
 なので、ゆっくり出来たとおもいます。 明日も有りますのでぜひ、お越し
 下さいませ。  駐車場は境内に留められます。
a0048963_2259084.jpg

  



   
[PR]
# by saburougama | 2013-06-15 22:59 | 販売 | Trackback | Comments(0)

名前に吊られて買いました。

  竜巻(たつまき)。スゴイ名前をつけましたね。ふつうは「ねじり菓子」とか
 言ってますよね。昔からの定番の塩味のお菓子。 


  益子で数年前に「竜巻」にやられてからというもの、敏感になっています。
 つい先日も どこかの小学校の運動会場で発生しましたね。つむじ風、と言いますか
 小さいながらも強力で、テントが吹き飛ばされて舞い上がっていました。


  「トルネード」とか云われた野球選手が居ましたね。今はどうしているのか。日本の
 野球界も いろいろやりますねェ。 僕はラジオでしかナイターは聴きませんが、最近
 随分と「ホームラン」が出るなア、、と思っていたら、あのニュース! 野球おんちの僕でも
 変だと感じていました。 情けないなあ、子供らの夢をつぶすなよ!当の選手らだって
 かわいそうだ。 それでなくても成績を重んじているスポーツだろ?
 
 
  最高責任者の人は、自分の名前をフルネームで ボールに書いているんですね。
 なのに知らなかった、不祥事とは思っていません、白球に込めた想いが無いんですか?
 まさに「渦中のひと」。メーカーの人はいい迷惑です。
a0048963_2321468.jpg

[PR]
# by saburougama | 2013-06-13 23:02 | 日常 | Trackback | Comments(0)

蚊取り線香は「空き缶」で。

  蚊取り線香の季節になりましたね。
 ウチでも その器を作っていますが、作業場では「空き缶」を
 切って作った物をつかっています。これが意外に人気がありまして
 いろんな家に 嫁にいってます。缶をつかっていろいろな蚊取り器を
 昔から制作していて、僕の趣味でもあります。


  こういった遊びの中から 良いアイデアが浮かんでくるのです。
 あ、そうそう。「ブリキ」の おもちゃは大好きです。 子供のころから
 空き缶を切って、いろいろ作りましたよ。周りの人たちを驚かせるのが
 楽しかったなア。 
a0048963_21594259.jpg

[PR]
# by saburougama | 2013-06-12 21:59 | 日常 | Trackback | Comments(0)

漏れ止め作業風景

  台風が 近づいているので、雨が降るようになった。
 これで 少しは安心できるかな。恵みの雨となりますか?
 
  私事ですが、今週末は「上野原クラフト」があります。台風が
 どうなりますか、 天のみぞ知る。
a0048963_2222351.jpg

[PR]
# by saburougama | 2013-06-11 22:01 | 絵日記 | Trackback | Comments(0)

車の燃料入れ。

  ウチの近所のガソリンスタンドに行った。
 今は、 ¥144円になってる。 ここはJAの経営する店。
 僕は いろいろ出かけるが、世間よりも安いんだ。


  でも ウチの車は、満タンでも30リットルぐらいしか入らない。
 ガソリンが、3円高いところで入れてもたったの90円だよ!
 たいしたことは無いよね。他で無駄なお金は 随分使っているのにサ。
a0048963_2318194.jpg

[PR]
# by saburougama | 2013-06-09 23:17 | 日常 | Trackback | Comments(0)

メダカの餌やり。

  メダカがどんどん卵を産んでいます。
 そのままにして置くと おとなメダカに食べられるので ころあいを見て
 移します。シュロや水草に 産み付けますが、オスの精子がかからないと
 かえらないので しばらく経ってから別の容器に移します。


  稚魚のうちは 水はそのまんま。 糸のように細いので、網は使えません。
 細かいのが、ピヨピヨ泳いでいる姿は 癒されますネエ。
 餌をやりながら ついつい見入ってしまいます。メダちゃん可愛い!
a0048963_23311151.jpg

 
[PR]
# by saburougama | 2013-06-08 23:31 | 趣味 | Trackback | Comments(0)

灯油窯の焼成。

 ウチの 灯油窯は だいたい12時間で焼き終わります。月に2回位焼いています。
1番の働き者の神様です。 (いえ、カマ様です)  これが無ければ仕事になりません。
 10時間ぐらいで早く終わらせようとしますがダメなんです、不思議ですが高温になると
温度が上がらなくなるんです。結果、12時間ぐらいかかります。不思議です。


 「窯は生き物」って云われますが、そのたび違います。やきもの屋は、窯にゆだねる
仕事ですが、期待をしてはいけません。窯に任せるしかないんです。 それで予想だに
しないもの(良い結果)を 「窯変(ようへん)」と言います。 


 さあ、今回の焼き上がりはいかに? 窯に任せたのでじっと待ちましょうね。
a0048963_22361019.jpg

[PR]
# by saburougama | 2013-06-07 22:35 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

施釉風景

  大量にある花瓶の「釉薬」をかけた。
 バイト二人で午前中で終了した。工作品に釉薬の吹きつけ
 灯油窯の 窯詰め、磨き、漏れ止め、今日も盛り沢山だった。
a0048963_22374592.jpg

[PR]
# by saburougama | 2013-06-06 22:36 | 絵日記 | Trackback | Comments(0)