カテゴリ:教室( 62 )

教室風景

自宅での教室。 
この人たちはとなりまちのグループ。
教室と言ってもサロンみたいな感覚ですね(笑

a0048963_18402204.jpg


こういう人たちが一番良いのは、作品の出来栄えはもちろんですが
「女子会」なんですね。仲良しが集まればそれでOK!

そう考えれば男子はつまらないもんです、、。
僕らも仲間と会っていても、どこか旅行に行ったり、ただ話だけなら
別に会いたくもない、。楽しめる教室、!これ最高。



[PR]
by saburougama | 2017-11-21 18:45 | 教室 | Trackback | Comments(0)

ダブル窯詰め

台風が去ったあと晴れたのは一日だけ。今日は本降りの寒い日でした。
次の台風22号が北上しているとか。益子陶器市は大丈夫だろうか。

a0048963_18473166.jpg


陶器市に向けて窯詰めです。まずは電気炉を終了しました。
こっちは酸化焼成ですから、明るめの焼き揚がり。

a0048963_18501056.jpg


灯油窯の窯詰め作業。
サヤに入れて何を焼くのかな、、。コンマ3立米の窯ですが、こまいモノなら
なかなか一杯にするのが大変です。



[PR]
by saburougama | 2017-10-25 18:55 | 教室 | Trackback | Comments(2)

相模原市の教室

この教室では釉薬を運んでいます。
10種類以上の釉薬を桶に入れて準備しますがみんなでやるので
たいへんではありません。

a0048963_19015232.jpg


何年も同じものを使っているので飽きるでしょうね、、。
たまに新しいものをリクエストされ入れますがそれぞれ好みがありますからねぇ。

a0048963_19052997.jpg


施設内に わりと大きな電気窯が設置されていて恵まれています。
 
陶芸以外にも、囲碁、将棋ルーム、プール、お風呂、カラオケ、、。なんて
素晴らしいいんでしょー(笑)暇つぶしにはたまりませんね。




[PR]
by saburougama | 2017-10-16 19:10 | 教室 | Trackback | Comments(2)

工作仕上げ

教室の作品を仕上げています。ヒモつくりですが始めの「底作り」の
ときに、薄すぎる人がいて何回言ってもわからない。理由は多分何を作ろうか決めていない、、。
成り行きで何かになる、とおもっているからだ。

底が薄い場合ですが、外側から すりこ木で打ち出します。いったん
内側に押し出してから、次にすりこ木で「見込み」を平らにします。

a0048963_19364664.jpg


内側を平らに仕上げたら、高台をけずってゆきます。

a0048963_19384591.jpg

写真はまだ平らになっていない状態。
叩いたりけずったりして平らにします。




[PR]
by saburougama | 2017-10-04 19:41 | 教室 | Trackback | Comments(2)

市内 校花台教室

上野原市内、校花台教室でした。オーナーの Y君と妹さんのKさんには
お世話になりっぱなしです。

a0048963_19214201.jpg
画家のY君は目の前のモデルを 着実に粘土で作っていきます。
毎回おもうけど専門家はすごいねー!
オレなんて専門家と言っても陶芸ぐらいじゃたいした事ないな。

a0048963_19265384.jpg
今日は、男性が多かったですが、集中力がすごい。
僕などが割って入れる感じじゃない。
とは言っても教室なんで、かならず説明します。








     


[PR]
by saburougama | 2017-09-24 19:32 | 教室 | Trackback | Comments(2)

灯油窯 窯詰め


今日は暑かったです、住んでいる大倉地区の草刈り作業でした。お盆の前に道路を綺麗に掃除します。こういう時しか皆の顔を観れないので、地区の行事にはなるべく参加しています。
a0048963_19010116.jpg
窯を焼こうとしたら、また急ぎ仕事が入ってしまった、、。有り難いけどめんどくさい。「だからもっと余裕持って頼むよー!こっちは受注生産だって言ってるだろー!」、、なんて  とても言えませんが、、とほほ。クソー、せっかく詰めたのに またやり直しかよ。
[PR]
by saburougama | 2017-08-06 19:07 | 教室 | Trackback | Comments(2)

工作仕上げ(2)


昨日に続いての仕上げ作業。500gですが、鉢の作り方を説明するので大半は「鉢」を作ります。重くても使い物になるからです。カップなどの手に持って使うモノは、内側を削ります。やりすぎ??そんな事はありません。ちゃんと使えないなら作品が可哀そうです、、。
a0048963_19233123.jpg
思い出すのは、信楽時代に陶芸教室の作品をこうやって仕上げました。それも半端じゃ無い数でした。移動式の棚をビニールで囲って乾燥しないように注意して保存しますが、なにせ毎日の「陶芸教室の作品」がたまるんですよー!いやぁ、ずいぶん鍛えられましたっけ、、(笑)おかげでウデをあげました、、ハハハ。
a0048963_19303709.jpg
その時に「箱で保存する」事をおもいつきましたが、いかんせん、数が多すぎるので自分の中で温存していて独立後にこのやり方でやっています。
a0048963_19343194.jpg
のほほんと やってる人はともかくとして、なんでも経験がものを言います。やって来たことは絶対に無駄では無いってこと。
[PR]
by saburougama | 2017-07-28 19:37 | 教室 | Trackback | Comments(2)

灯油窯(小)の焼成その後。


灯油窯(小)ですが、初回にもかかわらずOKでした。思わず胸をなでおろしました、、。だって どうなるかも分からない窯で焼成するんですからね。気になっていた「土瓶」もバッチリです、あー良かった(笑)既成の窯なので普通に焼けるのは当たり前でしょうが、とにかくメデタシ。
a0048963_19424767.jpg
ウチのは釉薬が薄いので 全体を紙やすりで滑らかにします。もろに「土モノ」です。気に入って頂けると良いのですが、、。「ロールペーパー入れ」も出来ましたが、この写真は やけに縦長ですねー?ついにデジカメも病んで きましたか、、。もう少しカッコよく写してくれよ。焼いてみると課題がよく見えます、試作機ですからね。
a0048963_19495956.jpg
言い訳じゃないですが、使った粘土は 頂きもの粘土をさらにブレンドした土です。僕も相当な ギャンブラーですねー(笑
[PR]
by saburougama | 2017-07-24 19:52 | 教室 | Trackback | Comments(4)

子供たちの陶芸教室。


今日から夏休みに入りました。毎年恒例の「夏休み陶芸教室」でした。今年は64名、さらに親御さんも来たので大盛況。幼稚園から来てくれている子が今は6年生だ。みなさんありがとうー(笑)
a0048963_19423513.jpg
始めは賑やかな教室ですが はじまればみんな真剣になって作っています。僕ら大人からすると手を添えたくなりますが、そこは我慢して 本人がヘルプするまで待ちます。子供って最初の誰かがヘルプすると ぼくに声をかけやすくなるんですよねー。
a0048963_19472266.jpg
僕は 根っからの地元の人間なので知り合いの人や子供たちもいます。構えずにのびのびやるのが陶芸の楽しみです。委縮させるようじゃ陶芸教室はできませんね(笑)
a0048963_19524987.jpg
一心不乱、、。すごい集中力だ。横からチャチャは いれられない、、。、
[PR]
by saburougama | 2017-07-21 19:54 | 教室 | Trackback | Comments(2)

相模原の教室


神奈川県 相模原市で教室。家から1時間かかります。作陶の日。みんな腕を上げたので、好き勝手にやっています(笑)「手ひねり」ですが、これは工程の順番がだいじなんです。、、それさえやってくれれば良いのですが、、。
a0048963_19103090.jpg

[PR]
by saburougama | 2017-07-13 19:10 | 教室 | Trackback | Comments(2)