三郎窯

saburou.exblog.jp ブログトップ

校花台教室


 市内での教室風景。自由気ままに作っております。
a0048963_20201123.jpg
実に雰囲気の良いところです。自分の制作からはなれ、のんびりできる場所。今日もいろいろ皆、つくっていました。
a0048963_20234166.jpg

[PR]
# by saburougama | 2017-06-27 20:24 | 教室 | Trackback | Comments(0)

無題(4)


無題と言ってましたが、「ロールペーパー・ホルダー」です。失敗は成功の基と言いますから、今回も僕としては楽しめました。デッサンだけじゃ見えてこないもの、制作あるのみ、、。
a0048963_19163076.jpg
意図はないけど、「タービン」のイメージですね。あまりメカっぽくすると、女性の方は引くのでまあ これぐらいで完成です(笑) 試作機はたくさん作らないと試作になりません、、。  
a0048963_19215612.jpg
いよいよ、ロールペーパーを入れてみます。引っ張ってみると、アレレ!?こんなはずじゃなかったのに、「ちぎれるじゃありませんかー!!」。ロールの摩擦(まさつ)が大きいのだ、、フフフ、そんなの当に解っていましたー(笑)詳しくは言いませんが、これなら商品になると確信できました(笑
a0048963_19301990.jpg
面白いから、ドンドン引っ張り出しました、、バカですねぇ。まあ、これも開発のうちです(笑
[PR]
# by saburougama | 2017-06-26 19:32 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

無題(3)


  今回の制作では新しいブレンド土をいきなり使ったせいか、カットしてヒビが 入りました。めったに無いことです。オレも腕が落ちたんかなー(笑) でも大丈夫です。ちゃんと修正しましたよ。それも陶芸のうちですからね、、。
a0048963_19325109.jpg
 でもここで大事なのは、そばに置いて すき間をふさぎながら見守る事です。急にヒビの個所を 湿らすと他までダメになるんで気をつけて下さい。
a0048963_19364706.jpg
さーて、転んでも ただじゃ起きない性格ですから今から一つ技を見せましょうか!実はこの写真ですが、カットに失敗したんですよ。致命的な話じゃありませんが、ぼく自身が気に入らなかったという事です、、、そこで 「貼り付けの技」でーす(笑)
a0048963_19411867.jpg
隠すとか、穴をふさぐとか やらないでむしろ見せてしまおうー、とね。どうですか? 丸ネジ止めのやりかた。笑ってください(笑
[PR]
# by saburougama | 2017-06-25 19:44 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

無題(2)


自然のエネルギーってほんとに凄いですねー。先日の雨で一気に草が伸びました、、。除草剤なんて効きませんし大量になけりゃ意味が無いんです。
a0048963_19170323.jpg
なんだかわからないのが面白いでしょー?立てるとこんな感じになりまーす(笑)カットしてからまた、箱に入れて
保存します。。。

a0048963_19182812.jpg


[PR]
# by saburougama | 2017-06-24 19:26 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

RP(1)

a0048963_20352712.jpg

 今日から 新作を載せていきます。ロクロでの制作風景。何になるかは楽しみにしていてください。例によってパーツつくりから。そのあと箱で寝かせます。
a0048963_20382567.jpg
取りあえず作りますが、たくさんやらないと試作になりません。その中でアイデアが浮かぶかも知れない。まずは制作あるのみ、、。生み出すのはたいへんだー、、。
a0048963_20421418.jpg
本体も仕上げてから箱で保存します。さて、どうなっていくのやら、、(笑
[PR]
# by saburougama | 2017-06-23 20:44 | 陶芸 | Trackback | Comments(2)

割る木作り(板材)


  
 雨もあがったので、残っていた「ケヤキの板材」を切りました。木工家がみれば涙を流すような材料です。遠慮なく丸ノコで切りまくりです!!-(笑厚さ70ミリ、幅300ミリ、長さ750ミリ、、。
a0048963_19302672.jpg
でも、残念ながら、ヒビあり、虫食いありで完ぺきな材料ではありません(笑ウチの「穴窯」で燃料として活かしたいと思います。何か、きいた話ではケヤキは「目がつぶれるー!とか匂いがキツイ!といって薪で燃やさない方が良い、、そうですが、穴窯では全く関係ありません。
a0048963_19215993.jpg
むかし岡山にいる時に、そこの窯元で割る木を運んでいたら、年長の人が言いました。「積んだ面を平らにしなきゃイカンぞ、、ってね。見栄えが悪いと言ってましたっけ。うるせーじじいだなー!!って思っていたけど、独立してから気付いた事ですが、それも一里あるなー!ってね。ちゃんと積んでいないと、乾燥で倒れてくるんですよ。
a0048963_19425599.jpg
a0048963_19425599.jpg

いやなジジイだから反発していましたが、僕もその年齢に近づいているんですねぇ、クワバラ、クワバラ、(笑
そういえば、話は変わりますが、写真をのせるときにドロップしたところを押せば良いんですねー、知りません
でした。こりゃ、便利だわ。



[PR]
# by saburougama | 2017-06-22 19:45 | 穴窯 | Trackback | Comments(0)

久しぶりの雨


今日は本降りの一日でした。
畑も田んぼもこれで少しは、潤ったでしょうか。各地では被害のニュースも聞きますが こればかりは自然相手ですから、どうにもなりません。 さて今日は素焼きに施釉でした。
a0048963_19274270.jpg
教室作品がほとんどです。 ウチはだいたいが、流し掛けです。
a0048963_19324081.jpg
この急須の場合は、内側からやりますが、うすい透明釉を入れて出す。すぐに本体の後側から、手のひらで叩いて 巣穴の中の釉薬を出します。
a0048963_19321198.jpg
細い口の場合は、自分の口を着けて息を吹いて出します。
[PR]
# by saburougama | 2017-06-21 19:45 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

割る木つくり(2)

もう4日もやっていますが、雑然としていた所が片付きました。これで一安心です。
 ご存知のとうり、ウチは斜面に建っているので 薪にしてから軽トラで運びます。これって、結構な労働なんですよー(笑)好きでなくっちゃできませんねぇ、。
a0048963_19225898.jpg
玉切りしてあったので、乾燥状態は最高です! 割った時の音でわかります。写真手前の左は、ふしがあったり、ねじれていたり、クセの有るモノを分けておきます。向こう側は、素性の良い 真っ直ぐな割る木を積み上げます。
a0048963_19273204.jpg
 ウチは、細割り、太割り いっしょに積んでいます。以前は分けていたんですが、結局のところ窯焼きの時に どちらも必要になるのです。、
[PR]
# by saburougama | 2017-06-20 19:31 | 穴窯 | Trackback | Comments(0)

割る木つくり。


 ようやく重い腰があがり、薪割りをやっています。
「玉切り」は終わっているので薪割り機でつくります。 
a0048963_19161591.jpg
ログスプリッター、カナダ製の 薪割り機。何と申しましょうか音が半端じゃ無くうるさいんですよ。耳栓をやらないと出来ません。やっぱ、外国製品だけのことはあるな、、。あとは問題なく満足しています。
a0048963_19232681.jpg
半日割ってから、窯場に運びます。あまりためるとイヤになりますからね。
a0048963_19255075.jpg
、、。
[PR]
# by saburougama | 2017-06-19 19:26 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)

素焼き窯詰め

チューブ花入れの「座り」を直しているいるところです。底の広い時には やりません。 制作当初のデッサンでは寝かせたカタチだったんですが、水がたくさん入ったほうが良いかも!とタテ型になりました。  
a0048963_19464756.jpg
   例の「リング花器」も入っています。  
a0048963_19480239.jpg
先日、野際陽子さんが亡くなったとテレビで知りました。黒柳徹子さんと仲がよかったそうですね。テレビ番組の「キーハンター」面白かったなぁ、、。子供には、ちょっと「お色気」が、ドキドキしましたが、千葉真一さん、谷隼人さん、松岡きっ子さん、うーん、もう一人の女性の名前が出てきません、、。モノクロ・テレビ時代がなつかしいですね。ご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]
# by saburougama | 2017-06-17 19:56 | 陶芸 | Trackback | Comments(0)
line

やきもの屋 中村三郎


by saburougama
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite